新庁舎・ひろば整備事業〜市民交流の場の創出に向けて〜

新庁舎・ひろば整備事業〜市民交流の場の創出にむけて〜

 

宝塚市では、市役所の付近を整備する事業が動き出しているようだ。宝塚ファミリーランドとガーデンフィールズがあった土地の文化芸術施設・庭園整備事業に加え、さらに新庁舎・ひろば整備事業がはじまると、WEBや広報誌に記載があり、この2大プロジェクトの説明会が、2/11(日) 西公民館、2/12(月) 中央公民館 で開催されている。次回は、2/17(土) 東公民館(13:30〜)で開催予定。
最近の風潮では、企業同士がコラボレーションを図り、巨大なBOOKストアやスペースの中にカフェ、雑貨・アパレルショップ、シェアオフィスなど、人の集まる要素をうまく取り入れている光景をよく見るようになった。同様に、人や文化、知識や情報の交流を目的とするスペースの実現に期待したい。

新庁舎


市は、市役所に隣接しているNTN株式会社宝塚製作所跡地(9ha)のうち約4haを取得し、“いこい・つどい・ささえあう 市民の『ひ・ろ・ば』”をコンセプトに、市民交流の場の創出と新庁舎の建設など行政サービス機能の強化を図るために整備を進めています。

【整備概要】
 平成27(2015)年度に利活用計画を具体化するための基本計画・基本設計を策定し、現在、実施設計の策定に取り組んでいます。回遊性のある広場や中庭を整備し、カフェなどの交流スペースを配置する予定で、新庁舎には上下水道局や危機管理センター、ネットワークセンターを配置して災害時の拠点として活用していきます。

 

 総事業費は約50億円(用地取得費:約20億円、施設整備費〈設計費を含む〉:約30億円)を予定しており、国の補助金なども最大限に活用し、財政負担の軽減に努めながら事業を実施しています。

 

 来年度(2018年度)上半期からは駐車場や広場の整備工事に着手し、その後、順次新庁舎や中庭の整備工事を進めていきます。また、県の健康福祉事務所や阪神シニアカレッジの整備工事が既に始まっており、2019年度から供用開始予定です。

宝塚市WEBサイトより抜粋

関連サイト
宝塚ガーデンフィールズ跡地 工事入札 2018/1/11 まで
https://www.brali-takarazuka.com/archives/gardenfield180103.html

———-
記事:Yoshifumi Tsujimoto (brali管理者)

関連記事

  1. 宝塚ホテル内を散歩 あらためて見る「お菓子の阪急電車」が凄い!

  2. 宝塚ガーデンフィールズ跡地 工事入札 2018/1/11 まで

  3. <国登録有形文化財>旧松本邸一般公開(入場無料) 11/4 (日)まで

  4. 【行ってきました】今週末もまだまだ楽しめる「旧松本邸公開」

  5. 宝塚市中央公民館 第2期工事 Before After

  6. パンネル 可成店 (阪急逆瀬川駅前)工事中→9月11日リニューアルオープン!

  7. 宝塚ファミリーランド・ ガーデンフィールズ跡地 宝塚文化芸術施設 親子説明会(1/12土・ 1/19土)

  8. 宝塚の朝

  9. 西公民館・西図書館が【臨時休館】(12月〜2022年5月予定) 休館中は、移動図書館や近隣施設で貸出・返却

  10. aritakainari

    鳥居が30基!有高稲荷神社に行ってみた。

  11. 新「宝塚ホテル」2020年5月14日開業決定。8月1日から宿泊予約受付開始!

  12. ヌーベルヴァーグ宝塚 2Fのスペースに 謎のお地蔵様の屋倉!?

  13. 11/10(金)申込必着 国登録有形文化財『小林聖心女子学院施設見学会』

  14. 中央公民館建築工事 ビフォー・アフター

  15. 【行ってきました】自然豊かな”小林の丘”「小林聖心女子学院見学会」

カテゴリー