「神戸餃子楼」 冷凍生餃子無人直売所 で購入してみた!(宝塚安倉店)

最近、良く見かける餃子の無人直場所、冷凍餃子テイクアウトのお店。宝塚では阪急小林駅近く、県道337号線に7月3日オープンの餃子直売所「雪松」が真新しい記憶なのだが、
今回購入したのは「神戸餃子楼」(7月31日にオープン)。
2つのお店で比較すると1000円で「雪松」は36個入り。「神戸餃子楼」は40個入り。
IMG_4843
IMG_4835

「神戸餃子楼」は中国自動車道宝塚ICの尼崎方面へ向かう道(尼宝線)沿いにある。ホームセンターダイキの斜め向かいだ。
さて24時間営業のこのお店に20時頃にお店に入った。店構えはこんな感じ。
IMG_4827

店内は数坪程度の広さで、正面にドーンと冷蔵庫があり、お客様は商品をお手に取り、左手の料金箱にお金を支払うだけという単純な流れ。
IMG_4834
IMG_4831
IMG_4830
IMG_4832

料金箱は振動アラームで動かせない状態にはあり、カメラがあちらこちらにあるので、監視はしっかりされていて防犯がなされている。完全に無人の店舗だった。

自宅に帰り早速焼いてみた。包装紙に「美味しい餃子の焼き方」も記載があり、領収証も包装紙についている。IMG_4846
IMG_4847

なかなかいい感じに焼けた気がする。
IMG_4842
IMG_4841
IMG_4840

高知県産の特別栽培生姜を使用しているそうで、食べた後にさっぱり感がある。にんにくと生姜の割合が生姜のほうが多いらしく、口の中ににんにくの香りは残りにくいそうだ。

ところで、「神戸餃子楼」の経営は、株式会社イデアコーポレーションという神戸の会社である。にくなべ屋「びいどろ」で知る人も多いかと。こちらの「にくなべ」を食べた事があるのではないでしょうか?
120594179_3420272014705243_8408836395845259081_n

株式会社イデアコーポレーション(https://ideaco.jp/)の社長さんには数年前にお会いした事があり、飲食店経営のいろいろを聞かせて頂き大変に勉強になった事を覚えている。当時からするとかなりの店舗を出展されており、今回もコロナ禍での業態の変化に素早く対応した結果だと伺える。

コロナ禍の収束はもうすぐだ信じつつも、まだまだな気もするが、新たな業態でのビジネスモデルが出てくる事で、消費者が便利になることは、大変有り難いことである。

—————–
店名:神戸餃子楼 冷凍生餃子無人直売所 宝塚安倉店
住所:〒665-0823 兵庫県宝塚市安倉南2丁目10−41
オフィシャルサイト:

———-

記事/写真: つじよし(brali管理者 Yoshifumi Tsujimoto)

関連記事

  1. ごぶごぶ7/3放送 宝塚巡りで紹介される「菅屋」へ行ってみた

  2. 末広中央公園「alfio 1997」パスタランチ500円が490円になっていた!その他メニュー大幅変更されていた!

  3. エキマルシェ宝塚 デリカフェ・キッチン宝塚で「サービスとは?」を考える

  4. コロッケと…神戸水野屋

  5. sakuramomiji

    さくらもみじ テイクアウト週替り弁当のこだわり

  6. 坂越牡蠣が毎日食べ放題!at 牡蠣専門店アルフィオ 7月から(宝塚市役所近く)

  7. 【12/25まで限定】まだ間に合う!宝塚ホテル「クリスマス限定ケーキ6種」

  8. 「サニーサイド」営業時間が9月から変更に!

  9. DELIDOG & CAFE 99(クーク)ホットドッグ変り種が盛りだくさん!

  10. 【期間限定】宝塚市初上陸!高級生食パン専門店「ラ・パン」がサンビオラで出店中

  11. 【アズナス逆瀬川店】すいかミックススムージー。パッケージがなかなかに魅力的!

  12. NEW STYLE サカナヤ ペッシェドーロに行ってみた!

  13. 購入チャンスは週1回!「みちみち屋こぐまパン」への道のり。

  14. 芋菓子「Pa-ta-ta」焼き芋はじまる!イートインスペースでcoffeeも。

  15. ステーキ丼「ZuCafe(ヅカフェ)」が「Molto Buono zucafe」として、1月20日にリニューアルオープン!(阪急宝塚駅 花のみちセルカ1番館)

カテゴリー