農業体験+こども食育お料理教室「まじかる★COOK」が宝塚にやって来る。3/17(日) 宝塚小林農園カフェ

名古屋で毎月80人のこどもたちが通う「まじかる★COOK」が宝塚にやって来る。
「まじかる★COOK」は、保育士、食育アドバイザー、管理栄養士たちが先生がつくりだすお子様の食育とお料理教室。コンセプトは「畑と食とお料理から『生きる』を学ぶ」。

original

まじかる★COOKとは?
❝——————————–
★ 野菜を育てる農業体験
教室横にある無農薬のオーガニックファームに自分たちで種をまき、育て、収穫した野菜を使ってお料理していきます。
スーパーで並んでる野菜と、採れたて新鮮お野菜の違い。
本物の野菜の美味しさを知ったら、絶対に好き嫌いはなくなる。
愛情たっぷりなお野菜を食べたら、違いがわかる。
土に触れ、舌に触れ、こどもたちの繊細で敏感な五感に感じてもらいたい。

 

★ 料理が出来るまでの過程を考えて、実践する
3歳~12歳の子供たちがひとつのチーム。年齢を超えて、教えあい、助けあいをしていきます。
毎回3~4品をどんな手順で作るかを、自分たちで考えて作っていきます。年上の子が年下の子に教える。こども社会を、とっても大切にしたい。
original (2)
★ 保護者の方は参加不可です
「自分のことは自分でする」という環境であるほうが、「自立心」が育ちます。
チャレンジ精神もでてきます。
親のいない場所でこどもはおもいっきり羽を伸ばしながら成長します。
保護者の方は、送り迎えのみです。

 

★ 対象年齢3歳~12歳
五感が特に発達する時期である3歳~12歳までが対象です。満3歳になった時点からの参加可能になります。まじかる★COOKに1年以上通っている12歳以上の卒業生は、「インターンシップ制度」で、こどもアシスタントとしてお手伝いしてもらいます。インプットからのアウトプット。大切な循環です。

original

★ お料理初心者でも大丈夫!
包丁使ったことが無くて、当たり前。火をつかったことが無くて、当たり前。
人は皆、初心者からはじまります。
スタッフがきちんと包丁の持ち方から、火の使い方、お皿の洗い方すべて教えます。
——————————–❞

(オフィシャルサイトより引用)

 

———
【当日の流れ】
①何作るの?どうやって作るの?こどもたち会議
②畑にて種まき・収穫作業
③パスタの麺をうとう
④ほうれん草のビシソワーズスープつくり
⑤オレンジゼリーをつくろう
⑥からあげをおげよう
⑦ボロネーゼを作ろう
⑧盛り付けをしよう

 

〜ランチタイム〜

 

⑨後片付けをしよう

 

———
メニュー
・手作りパスタ&野菜たっぷりボロネーゼソース
・ほうれん草のビシソワーズスープ
・からあげ
・オレンジゼリー

———

【日時】2019年3月17日(日)
【場所】宝塚小林農園カフェ
    兵庫県宝塚市小林3-211 小林3丁目桜公園 東隣り

【参加費用】5000円(レシピ付き・採れたてお野菜お持ち帰り付き)

【申込】こちらから(peatix)

 

募集のブログ記事
まじかる★COOKのHP
——————————
店名:農園Cafe 宝塚小林農園
住所:兵庫県宝塚市小林3-13 宝塚小林農園
営業時間:10:00~17:00
定休日:月曜日・火曜日
電話番号:0120-975-275

———-
記事/写真: Yoshifumi Tsujimoto(brali管理者)

関連記事

  1. 10/6(金)~9(月・祝)「第131回宝塚植木まつり開催」 約2万点の草木が集まる!

  2. 【ぶらりからだケア】秘境で代謝を取り戻す。

  3. 宝塚の朝

  4. 宝塚の朝

  5. 「キミのお金はどこに消えるのか?」アクティブブックダイアローグでお金の流れを知ろう! 7月24日(水)「きずなの家 KaRuTa」

  6. 宝塚の朝

  7. 【ぶらりおでかけ】武田尾 廃線敷へ出かけよう。今日、明日は暖かい天気の予報!

  8. 夏休みイベント「武庫川の生き物観察会」7/28(日) 川魚、カモ、サギ、そしてヌートリアを探そう!

  9. 宝塚の朝

  10. honeygarden20200117

    森の中の庭園ーハニーガーデンカフェ(HoneyGardenCafe)養蜂家と仲間達が作る空間ー

  11. 宝塚の朝

  12. 宝塚の朝

  13. 宝塚の朝

  14. 【ぶらりおでかけ】ドライブとビールファンに告ぐ、日帰りでマイナスイオン感じる箕面大滝とビールの旅(宝塚から40分)

  15. 宝塚の朝

カテゴリー