宝塚北サービスエリアの壁画ワークショップが話題になっている

NEXCO西日本が8月下旬、平成29年度末開通予定の新名神高速道路(高槻~神戸間)に設置する宝塚北サービスエリア内で地域の小学生とともに壁画ワークショップを開催した内容が話題になっている。ワークショップに参加したのは、宝塚市立西谷小学校の児童約60名。壁画を行ったのは、赤ちゃんのオムツ交換などが行えるファミリースペースの内壁。事前に市内にある植物や動物を壁に描き、子供たちは各々で選んだカラーで色塗りを楽しんだ。開通後は一般道路からもサービスエリアに入ることができるという。
22
56
写真:コーティングメディアオンラインより

現在建設中の新名神高速道路全体概要マップ。宝塚市エリアのSAとICの名称は「宝塚北サービスエリア」「宝塚北スマートインターチェンジ」に決定している。
f095715a.png
画像:NEXCO西日本より

NEXCO西日本サイトはこちら

参考記事

新名神高速道路「宝塚北サービスエリア」名称決定‼

https://www.brali-takarazuka.com/archives/shinmeishin170902.html

関連記事

  1. 夏休みに英語体験!サマースクール2018”SAFARI”「宝塚イングリッシュアカデミー」

  2. つばめの雛とよびだしインターホン(阪急逆瀬川駅)

  3. 人気シェフから学べる!宝塚グルメアカデミー 申し込み始まる!

  4. 11月30日まで もうすぐ見納め「阪急宝塚線ラッピング列車『宝夢YUME』」

  5. healing

    「ヒーリングダフネ」から年末年始のイベント・ワークショップが盛りだくさん。

  6. kokyu

    呼吸で体を整える!紅露養生院「呼吸養生塾 in 宝塚」 体験レポート