幸運を呼ぶフランスのお菓子「ガレット・デ・ロワ」 パティスリー ミラベイユ 購入レポート

フランスの伝統菓子「ガレット・デ・ロワ」は、フランス語で「王様のお菓子」という意味。フランスでは1月6日のエピファニー(公現祭)に家族や友人たちが集まって食べる習わしがあり、新年を祝うのにふさわしい「幸運を呼ぶお菓子」なのである。
d5db8ba33228bd80ece730c013ccd46e02278f68
 エピファニーでは、このお菓子の中にフェーヴ(空豆の意)という陶器がが1つだけ入れられており、切り分けた時にそれが当たった人は、その日1日王冠をかぶり「王様」になることができ、みんなから祝福され、その幸運は1年続くと言われている。

阪急逆瀬川駅から徒歩5分程度のところにある宝塚のパティスリーミラベイユにケーキを買いにきた時、たまたまガレット・デ・ロワが切り売り販売されていたので早速購入。

IMG_8766

他にも美味しそうなケーキがずらりと並び、選ぶのは一苦労。
IMG_9362
IMG_9237

今回は、ガレット・デ・ロワの他に、クリームポティロン、シュー・ア・ラ・クレームを購入。
IMG_6600
IMG_9346

このお店では、焼き菓子も販売しており、フィナンシェのアールグレイや抹茶をはじめ大変種類が豊富で、クッキーと一緒になったセット品などもあり、オリジナルのケース入れてくれるので、贈り物に喜ばれそう。
IMG_3160
IMG_4684

焼き菓子の反対側には、チョコレートがずらり。こちらもスイーツ好きにはたまらないラインナップ。
IMG_4860

香ばしいチョコと絡む生クリーム、かぼちゃの味をズッシリ感じる濃厚プリンで、甘すぎず癖にになりそう。
IMG_8169

フランスの伝統お菓子ガレット・デ・ロワ。見た目より固めのパイ生地でガッツリと。来年のお正月には丸ごと購入してフランス風に祝う事もありかも。
IMG_0922

そして「宝塚グルメアカデミー」でも扱われていたシュークリーム。主役はクリームだ!と言わんばかりの大量クリームが特徴的。
IMG_0450

店舗の外観はこちら。
IMG_4673


関連記事

  1. 〜 subako 〜 隠れ家カフェ

  2. いよいよ梅雨明け、夏本番!サンディのアイスは大量に欲しくなる値段。

  3. おはぎ専門店「小浜おはぎ研究所」で、12種類のさまざまなおはぎを販売中!

  4. 今週末はマルシェもバルも!6/16(土)「おいしいまち宝塚マルシェ」

  5. 【行ってきました】3/23オープン フランス菓子「パティスリーベルクルール」(阪急宝塚南口駅)

  6. 【行ってきました②】カステラのようなスポンジ「パティスリーベルクルール」(阪急宝塚南口駅)

  7. ランチ650円~土日祝も営業!市役所内食堂「宝塚料理店」

  8. 「とことこカフェ」 地域密着でアットホームな「cafe」世代を超えたもう一つのリビング

  9. あずさ珈琲で夕食を!「選べるスイーツと小さめご飯のセット」掛け合わせが豊富!

  10. レールに乗ってグラタンがやってくる「ぐらたん亭」。

  11. takarazuka

    タカラジェンヌにも大人気!たからづか牛乳の「ざらめヨーグルト」

  12. こだわりの天然酵母パンの店「HEIDI BROT(ハイジブロート)」(小林)

  13. 「エストローヤル」の絶品シュークリームが宝塚阪急で買える

  14.  日光堂  新年の上生菓子 一年の嬉しい予感を感じる

  15. 宝塚で出石皿そばが食べられる「そば義」!

カテゴリー