4/5(木)~8(日)2万点の花・植木販売「宝塚植木まつり」(阪急山本駅)

植木のまち、山本新池公園で「第132回宝塚植木まつり」が開催される。
宝塚市山本エリアは日本の三大植木産地で、植木の歴史は平安時代からはじまったといわれています。
FullSizeRender

(画像は昨年の様子。kisspressHP

開催期間中は、季節の草木や植木など約2万点が並び、肥料や園芸用葉物など各種園芸用品の販売、
西谷野菜の販売、徳島県美馬市の物産展など、盛りだくさんの内容。

他にも、様々なイベントが開催される。
・園芸相談:7日、8日13時~15時
・苗木・庭園樹の「競り」:8日14時~商品なくなり次第終了。出品される苗木・園芸樹は5~7日まで会場内で展示される。
・「木接太夫※クイズラリー」:5~8日会場、木接太夫彰徳碑にあるクイズに全問正解するとプレゼントがある。各日先着回答者には特別プレゼントもあり。
など。

「第132回宝塚植木まつり」
2018年(木)~8日(日)10時~17時(最終日は16時まで)
場所 山本新池公園(あいあいパーク向かい)
※雨天決行・荒天中止
※山本園芸流通センター臨時駐車場あり。会場とを結ぶ無料巡回バス運行。

詳しくは宝塚市ホームページ→http://www.city.takarazuka.hyogo.jp/s/kanko/1009480/1015019.html
※「木接太夫」とは・・・
「接ぎ木」の技術を発明した坂上頼泰(さかのうえよりやす)公のこと。2017年に宝塚市特別名誉市民の称号を贈呈された。
(以下宝塚市ホームページより抜粋)
今から約500年前の永正12年(1515年)に、山本郷(現在の宝塚市山本地区)に生まれ、花木を育培する中で、植物の品質向上を図る画期的な技術となる「接ぎ木」の技術を発明し、園芸界に不滅の功績を残した人です。

 市は、この度、坂上頼泰公(木接太夫)に宝塚市特別名誉市民の称号を贈呈することを決定し、平成29年(2017年)3月に贈呈式を予定しています。

 木接太夫の功績は、小学校3.4年生の社会科副読本「わたしたちのまち宝塚」でも紹介されており、宝塚市の子どもたちにも親しまれています。

関連記事

  1. アピア夏まつり2018  8/4(土)・8/5(日)

  2. firebird2

    兵庫県宝塚市の空に、再び「火の鳥」現る

  3. 【3/4(日)】約1,000本の梅の花「中山寺 梅まつり」(阪急中山観音駅)

  4. 1/7(日)”福巡り巡礼ウォーク”も「阪急沿線西国七福神めぐり」

  5. 10/29(日)「宝塚音楽回廊」2017 入場無料@末広中央公園

  6. 本日4/22(日)も開催!ピクニック気分で楽しめる「花と緑のフェスティバル」

  7. mukogawa

    完成が楽しみな武庫川河川敷 只今工事中

  8. 11/3~12街にアートが点在「宝塚現代美術てん・てん2017」(入場無料)」

  9. 宝塚の朝

  10. 新名神高速道路開通記念!宝塚北ハイウェイウォーキング 3/18(日)

  11. 宝塚市立 手塚治虫記念館 トークイベント『AIはアトムになれるのか』 

  12. 【ぶらりおでかけ】阪急電車「京とれいん雅洛」3/23デビュー 「春の臨時列車」西宮北口〜嵐山間も!

  13. 宝塚市国際交流協会‎ ネイティブスピーカーと英語でおしゃべり(阪急宝塚南口)宝塚市立国際・文化センター

  14. 宝塚の朝

  15. 第十三回宝塚サマーフェスタ 8/20(月)末広中央公園

カテゴリー