魚どん「然」海鮮ひつまぶしで三度の食べ方

2018年1月22日に 魚どん「然」<UODON ZEN>が、宝塚南口駅前のザ・宝塚タワー1Fにオープンしてから2週間が経過した。ようやくお昼ごはんを頂く機会ができたのでレポートする。
OUT
店内は16席ほどの大きさ。4人テーブル3つと大きな変形カウンターテーブルがひとつ。けっして大きくはないが狭い感覚もない。店内外のところどころに日本をイメージさせているアイテムがある。それは、達筆な墨で書かれたチラシ達。本日のお薦めの品など、気持ちをこめて、毎日筆を走らせているのは、ここの店主だそうだ。料理だけでなく筆の方も凄腕のようだ。

IN
前回の記事に記載のとおり、国産の魚貝にこだわって、海鮮の丼メニューが盛りだくさん。どのメニューも魅力的で何度も通いたくなるほどのラインナップ。実際どれにしようかと、決めるまで時間がかかってしまった。
今回注文したのは、店名にもなっている丼ではなく、海鮮ひつまぶし。三度の食べ方の体験の魅力に負けてしまったのは言うまでもない。
運ばれてきた海鮮ひつまぶしは、彩り鮮やかな四角い木の器に盛られていた。

IMG_7548

一度目はそのままで。刺身用たまりと鰹出汁入りの二種類の醤油をかけて。刺身の柔らかさと、きゅうりのサクサク食感が心地よい。

IMG_4810

 

二度目はとろろを和えてまぜあわせ、鰹出汁入り醤油をかけて。とろろに包まれたご飯とお魚がまろやかに口の中で広がる感覚だ。
IMG_0989

 

三度目は、お出汁を入れて、お茶漬け風に。新鮮な刺身を出汁に漬けて食べるのは、少しもったいない感に駆られたが、それがなんと、全く別の味がするではありませんか。知っていたつもり以上の味の変化に驚きは隠せなかった。
IMG_2070

 

最後は、なんとデザートまでついている。牛乳プリン。
IMG_1973

満腹&満足で一杯です。

メニューはこちら

IMG_7203
IMG_1416
IMG_2330
IMG_7963
IMG_1407
IMG_4409
IMG_4540

営業時間は、食材がなくなり次第とのことだが、概ね20時頃まで営業出来るよう食材の仕入れ量を調整していると言う。

IMG_8616

店名:魚どん 然(UODON ZEN)
住所:〒665-0011 兵庫県宝塚市南口2-14-3ザ宝塚タワー107号
営業時間:11:00~(食材がなくなり次第、閉店)
定休日:水曜日
電話番号:0797-78-8333

関連記事:
もうすぐオープン!宝塚南口駅前「魚どん 然ZEN」”国産”にこだわり
【1/22開店】宝塚南口駅前”ザ・宝塚タワー1階”「魚どん 然ZEN」


————————
記事/写真: つじよし(brali管理者 Yoshifumi Tsujimoto)

関連記事

  1. pasta

    豊富な種類に驚き!花のみちセルカ「Pasta」の絶品スパゲティ

  2. 「はなれのくるり」店員さんの気配りが嬉しい。リピートはここから生まれる(宝塚南口)

  3. 【ぶらりおでかけ】芦屋・茶庵 瀧屋でこだわりの和食を頂く。(阪急芦屋川駅)

  4. エキゾチックな旅の香り「カフェダルブッカ」(宝塚南口)

  5. フレンチデリカテッセン「Honetete(オネット)が2019年末で営業終了(閉店)

  6. muguet

    古民家カフェ『ミュゲ』Gallery+Cafe muguet

  7. 生タピオカ専門店 台湾スイーツカフェ「台湾甜商店(タイワンティエンシャンディエン)」もうすぐオープン! 12/21

  8. デミグラスソースオムライス

    「ロムレット」でオムライスを味わう(ソリオ宝塚)

  9. 夏はやっぱり「まい華」の冷やしシリーズ。切り文字Tシャツ販売がはじまっていた。

  10. 【ぶらりおでかけ】おうちcafe BOOMS「免疫力を高めるランチ」「 珈琲は鮮度が重要!」

  11. ciccio

    イタリア料理とお惣菜のお店CICCIO(チッチョ)でランチ・ディナーを頂く(末広中央公園近く)

  12. machisowa

    <2023.3.31 Half A Year ランキング記事 第7位>"土曜日のマチソワ" おしゃれなカウンターでランチを味わう!!

  13.  日光堂  新年の上生菓子 一年の嬉しい予感を感じる

  14. 絶賛工事中→完成 其の二 「焼肉の牛太 本陣」11/25(土)オープン!

  15. あずさ珈琲で夕食を!「選べるスイーツと小さめご飯のセット」掛け合わせが豊富!

カテゴリー