宝塚発祥とされる「ウィルキンソン・タンサン」の泉源の発見記念碑が復元!早速見に行ってみた。

1910年代(大正時代)に武庫川の氾濫で消失したとされていた石柱。その100年前に存在していた石柱を復元されたとのニュース。イギリス人ジョン・クリフォード・ウィルキンソン氏が武庫川の傍らで優良な炭酸鉱泉を発見したのが1889年。1904年から「クリフォード・ウヰルキンソン鉱泉株式会社 宝塚工場」で炭酸水の製造販売してきたが、時代と共に経営はアサヒ飲料に取って変わり、1990年ウィルキンソン社創業100周年のタイミングで宝塚工場は閉鎖されている。1889年の発見から130年経った今、石柱復元で、宝塚発祥の「炭酸」がさらに広まる事を期待しよう。
IMG_3867
おとなりは「宝塚温泉」の石碑。

こちらが100年前?
スクリーンショット 2019-11-20 20.39.06

ちなみにこの石柱の道路向こうには、ウィルキンソンの炭酸を購入する事ができる自動販売機がある。
この販売機でどのボタンを押すか迷って見てほしい。(経験者談)
IMG_9706
IMG_9707

—————–

たんさん水 鉱泉発見 記念碑

———-
記事/写真: つじよし(brali管理者 Yoshifumi Tsujimoto)

関連記事

  1. 6/30(土) 「水無月大祓式」 伊和志津神社(阪急逆瀬川駅)

  2. 「シチニア食堂」を貸し切りする贅沢!豪華ディナーが楽しめる夜の営業始まる♪

  3. 夏はやっぱり「まい華」の冷やしシリーズ。切り文字Tシャツ販売がはじまっていた。

  4. いつ訪れても満足の美味しいカレー。カトマンドゥカリーPUJA 宝塚

  5. ganko-takarazuka

    庭園を眺めながら懐石料理を堪能*がんこ宝塚苑

  6. 清荒神にNEW OPENのシチニア食堂プロデュース「KIKILUAK」に行ってきました。