ぶらり読者限定 3,000円割引 60歳以上の方限定の出張撮影!60歳からのポートレイト(MIKI UEHATA うえはた みき)

フリーランスフォトグラファー。分かりやすく言うとフリーカメラマンである。高槻に拠点を構えるフリーランスフォトグラファーの植畑美喜(うえはたみき)さん。関西を中心に出張写真撮影を展開する彼女の写真が人気を集めている。

col

口コミだけで100人以上の方々の実績がある植畑さん。彼女が提供する出張写真撮影のフォトグラフサービスにフォーカスをあててみると、これまでに撮影した方々は、家族の方から申込みが入る事も多いそうだ。
fami

 

植畑さん曰く、60歳頃になると、昔に比べ写真の数はすくなく、画像として客観的に見る機会が少なくなっているという。歳を重ねたその表情こそがすごくカッコイイのに、勿体ないという思いがある。60歳は還暦を祝うタイミングでもあり、ここまで歩いてきた事を振り返り、自分を主人公として、写真を取ることで、新しい自分を発見してほしいという思いでこのサービスを始めたという。
gt
「60歳からのポートレイト」<< 60kara photo >>

 

60歳以上の方限定の出張撮影メニュー
撮影料金:19,880円(税込価格。内容:出張撮影2ポーズ・データCD-R付き)

 

◆◆◆ ぶらり宝塚読者限定 3,000円 割引 ◆◆◆
お申込の際に「ぶらり宝塚」を見たとお伝え下さい。

man

実際の写真撮影は、事前にかんたんなアンケートに答え、植畑さんから提示されるサンプル写真に、新しい自分のイメージを膨らませ、ワクワクしながら撮影を楽しむ事ができる。こんな形で撮影時間は1時間程度で終わるという。

 

撮影されたお客様からの声は、「ひとに見せたくなったー」「遺影写真に使うわ!」「プロフィール写真にしています」などと、一味ちがう自分の姿を人にアピールしたくなる一枚となっているようだ。
植畑さんの経歴は、2015年にフリーランスカメラマンとして独立し、生まれたての赤ちゃんから、お年を重ねた方まで、主に人物の写真を撮っており、関西を中心に全国まで出張して撮影するサービスを展開中。子供達の成長に合わせた撮影メニューや、60歳以上の人限定の撮影メニューなど、いつも楽しい撮影現場となっているそうだ。
いろいろな出張撮影でのフォトグラフサービスを展開しており、一人一人の内面を見つめて写真を撮ることをモットーとしている。

 

◆生まれたての赤ちゃんから人生の先輩を対象に撮影【2 of sound photograph】
◆60歳以上の方を対象に撮影【60歳からのポートレイト】
◆​若者も年を経た人も関係なく、遺影写真専門の撮影【EAE Photography】

あなたの人生を表現します。

ILLUST

 

メッセージ
—————
はじめまして。
カメラマンの【うえはたみき】と申します。
関西を中心に、主に人物の写真を撮っています。
あかちゃんから人生の先輩、企業様、ブライダルなど
色々撮影しています。

 

三線とギターがちょっと弾けます。
60年代~80年代の邦楽・洋楽も好きです。
2人の子供達の母です。
沢山の人にお会いできることを、楽しみにしています。
スクリーンショット 2019-03-16 17.20.33
プロフィール
—————
MIKI UEHATA うえはた みき
2005年に京都の写真館に就職。
2009年に業界誌記者として写真を撮りながら記事を書く。
その後結婚出産を経て、再び写真の世界へ。
2015年にフリーランスフォトグラファーに転身する。
生まれたての赤ちゃんから人生の先輩まで、著名人・企業撮影を含め、
様々な人物の写真撮影を行う。
———–
名称:2 of sound photograph(ツーオブサウンドフォトグラフ)
住所:〒569-0814 高槻市富田町
営業時間:随時
定休日:不定休
電話番号:090-5933-2976
E-mail:yuntakumiki@2-os-photo.com

 

オフィシャルサイト:https://www.2-os-photo.com/
Instagram:2ofsoundphotograph

 

———-
記事/写真: Yoshifumi Tsujimoto(brali管理者)

関連記事

  1. 【コラム.7】「そらえもんズ」関口そら①

  2. 【コラム.9】「行く言葉が美しければ、来る言葉も美しい」書人 瑞光③

  3. 11/3~12街にアートが点在「宝塚現代美術てん・てん2017」(入場無料)」

  4. 【12/9,10】宝塚から全国へ!「生」8代目石積イベント

  5. 8代目「生」の祈り 2018年1月16日

  6. 宝塚市国際・文化センター11/27(火)まで『をりをりに』『篁心書の会書展 開講20周年記念』