切っても切れない文字の縁 切り文字作家「じょじょすけ」が凄い! ー和食料理 まい華ー

アピア逆瀬川駅にある和食料理の 「まい華」。地元の人はよく食べに行くという声が多い。そのお店に和食のお店に似つかわしい切り文字で出来たプレートが飾ってあるのをご存知だろうか?

実はこの作品「じょじょすけ」という切り文字作家の作品だ。ある日、味のある形と心温まる文に興味津々で作品を眺めていると、「じょじょすけ」さんは友人とのことで、女性の店主が説明してくれた。

0_IMG_3202

そして、カツ丼と冷やしうどんを注文し、待っている間に「よければ、これに一言、感想とかメッセージとか書いてもらえると、切り文字おみくじができますよ!」と。
ファイルを開くと中にはメッセージ書きがたくさん書かれていた。メッセージを書き、おみくじをもらった。
IMG_3198

さて、おみくじの結果は、私は「夢」、子どもは「愛」だった。文字の形も味があってお守りにしたくなる程のこのおみくじ、実は、不思議な力があると店主は言う。店主はこれで、「創」をひいた直後、お店で自作雑貨を販売する事になったそうだ。

O_IMG_5764
O_IMG_5763

さらに、いろいろな作品が入ったクリアファイルを持って来てくれ、いろいろと見せてもらえた。
その中のお気に入りはこれだ。↓↓↓↓↓↓「人を良くすると書いて食」。いいコトバだと感激。
G_IMG_3201

そして、これらの作品は、切り文字だけど切れない、一筆書きの要領で全ての文字が繋がっているのだ。切り方も教えてくれたのだが、文章を作る時は、一文字一文字形をつくっていく訳ではなく、全体の輪郭の端から切っていくそうだ。下の作品では、白く印をつけたところから。この作品だと、最後に切るのは「ひ」に戻るはず。確かにそうしないとすべてが繋がっているモノにはならない。そんな事ができるのだろうか…?一度見てみたいという衝動に駆られた瞬間だった。
9_IMG_3194

後日訪ねた時、タイミングよく9月に体験教室がある事を聞き、子どもに一緒に参加を提案中。

−−−切り文字体験教室−−−
日時:2018年9月8日(土) 15:00−17:00
参加費:1,000円
定員:10名程度
場所:まい華
申し込み:まい華(0797-72-7137)まで
R_IMG_5760

———–
「じょじょすけ」さんのプロフィール情報はこちら。
P_IMG_3192
P_IMG_3197
P_IMG_3195
P_IMG_3196

まい華のカツ丼と冷やしうどん
D_IMG_3200
IMG_3164

————————-
店名:まい華
住所:兵庫県宝塚市逆瀬川1-11-1 アピア2 1F 
営業時間:11:00~14:30(L.O.14:00)
     17:00~20:30(L.O.20:30)
定休日:日曜日
駐車場:アピア駐車場
電話番号:0797-72-7137

関連記事
まい華 逆瀬川駅すぐの和食の定食 
逆瀬川アピアにある和食処「まい華」鶏雑炊のコスパが凄い!


———-
記事/写真:Yoshifumi Tsujimoto (brali管理者)

関連記事

  1. PUBLIC KITCHEN cafe 6/15オープン!有機野菜を使った「おぼんごはん」を食べよう! 手塚治虫記念館〜宝塚大橋

  2. 【コラム.9】「行く言葉が美しければ、来る言葉も美しい」書人 瑞光③

  3. 夏はやっぱり「まい華」の冷やしシリーズ。切り文字Tシャツ販売がはじまっていた。

  4. 【ぶらりおでかけ】猪名川のほとり「絹延橋うどん研究所」見あげれば五月山

  5. 【ぶらり宝さがし】vol.2 瑞光(zuiko)(書人)

  6. 金毘羅製麺 夏らしいメニューでスッキリ

  7. mellow

    3月にオープンしたカフェ ダイニング メロウ 一番人気ランチはメロウバーガー(JR宝塚駅)

  8. ハル*カフェ(宝塚南口)ランチを頂く。オーナーは丹波篠山出身の元ホテルオークラのフレンチシェフ。

  9. もうすぐオープン!宝塚南口駅前「魚どん 然ZEN」”国産”にこだわり

  10. 【コラム.10】「私と絵を繋ぐモノ」 イラストレータ久松ひろこ①

  11. 逆瀬川アピアにある和食処「まい華」鶏雑炊のコスパが凄い!

  12. インド舞踊ソロ公演 油谷百美 Odissi(オリッシィ)10月18日(水) ​

  13. HIRO珈琲 石窯パン工房 麦蔵(むぎくら)バーガー

  14. sara

    宝塚でハンバーガーといえばサラズカウント。アボカドチーズバーガーが凄い!

  15. 「tami cafe(タミカフェ)」の”おとなのプリン”は、ほろにがいカラメルが懐かしい味でした。

カテゴリー