インド舞踊ソロ公演 油谷百美 Odissi(オリッシィ)10月18日(水) ​

インド、オリッサ地方の古典舞踊「生きる歓びと感謝の祈り」を表現するオリッシィ。踊りの中の一つひとつの動きに意味があり、腰を深く構えた姿勢、曲線美を強調した柔らかい動きは、独特の雅な世界を創出しており、寺院を装飾するレリーフが動き出したかのように見えることから「生きた彫刻」とも言われている。
34

日時:10/18(水) 19:30〜(18:45開場)
会場 Silva(元タカラヅカ団員が経営するライブラウンジ)
料金:3500円(1ドリンク付)
   空席状況を事前にお問い合わせください

オリッシィの歴史は、オリッサ地方ジャガンナータ寺院に起源する。千年以上、巫女による秘儀舞踊として継承されてきたが、1900年代に入り衰退。その後復興の気運が高まり、1950年頃から芸術舞踊として様式化。1966年インド政府より古典舞踊として正式に認められ、現在世界のあらゆる都市で公演されるようになっている。

youtube動画はこちら
https://www.youtube.com/watch?v=34z-PaMmm4Q
19

インド舞踊公演 Sangam (サンガム)
Dancer : Odissi 油谷百美(Aburatani Momomi)
Place : Frente hall (Nishinomiya, Hyogo, Japan)
Date : 6th July, 2013



関連記事

  1. 【コラム.2】「鳥は歌い花は舞う」書人 瑞光①

  2. 【コラム.7】「そらえもんズ」関口そら①

  3. 点描画家「加藤美枝」作品展示2月28日まで 喫茶&展示すぺ~す Coen 

  4. Coming soon ♪ 宝塚音楽回廊2018 ♪ 末広中央公園に集まれ!

  5. 【コラム.10】「私と絵を繋ぐモノ」 イラストレータ久松ひろこ①

  6. 関西テレビ「よーいドン!」宝塚 中山寺特集 民謡歌手「翔田ひかり」さんが凄い!

  7. 【募集中】12/9(土)10(日)8代目「生」石積みスタッフ

  8. 【ぶらりおでかけ】音楽の布団で眠る体験! 睡眠サイクルに合わせた眠りの倍音音楽会 「nemuru」

  9. 夜のことば ④ 升田学とセレノグラフィカの新しい試み

  10. 【コラム.12】「そらえもんズ」関口そら②

  11. masudamanabu

    ハリガネ造形画 針金アートが凄い! NHK「知っとぉ?兵庫」針金一本で独自の世界を生み出すアーティスト

  12. 11/3~12街にアートが点在「宝塚現代美術てん・てん2017」(入場無料)」

  13. 宝塚 花のみちロマンチックナイト 10月13日(金)〜31日(火)

  14. 【コラム.9】「行く言葉が美しければ、来る言葉も美しい」書人 瑞光③

  15. 高校生切り絵作家「松村大地」の作品が凄い! 喫茶&展示すぺ~す Coen 個展1月末まで

カテゴリー