『OSAMU TEZUKA MANGA NO KAMISAMA Ⅰ ~フランスからみた手塚治虫~』

手塚治虫記念館で11月3日から12月24日まで、第75回企画展 生誕90周年記念『OSAMU TEZUKA MANGA NO KAMISAMA Ⅰ ~フランスからみた手塚治虫~』が開催されている。

img5bdf90fe27e8c_l

フランス西部の都市アングレームでは毎年、フランス語圏の漫画の祭典「アングレーム国際漫画祭」が行われており、45回目を迎えた2018年は手塚治虫の生誕90周年を記念して、手塚治虫をテーマとした特別展覧会「OSAMU TEZUKA MANGA NO KAMISAMA」が開催された。手塚治虫記念館の企画展では、その凱旋展を第75・76回の2回に分けて実施。フランスのキュレーターが企画したアングレームでの開催内容を極力そのままで見ることができる。

 このイベントは年次に合わせた5章で構成されており、1回目となる今回は1章から3章までを公開。1947年に出版された最初の長編『新宝島』をはじめ、1950年初頭に誕生した代表キャラクター『鉄腕アトム』『ジャングル大帝』『リボンの騎士』、1970年代に未完のまま3巻で連載終了した『バンパイヤ』など様々な作品の原画と原稿、約100点が展示されている。
開催日:2018年11月3日(土・祝)~12月24日(月・祝)
開館時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
場所:宝塚市立手塚治虫記念館

———-

その関連イベントとして、11月23日、『ステファン・ボージャン×りんたろう×丸山正雄』ミュージアムトークが開催される。(要申込み)
アングレーム国際漫画祭アート・ディレクターであるステファン・ボージャンが、“虫プロ時代”の手塚治虫と共に仕事をした、アニメーション監督のりんたろうと、アニメーションプロデューサーの丸山正雄を招いて当時のアニメーション制作についての話などを伺う。

開催日:2018年11月23日(金・祝)
時間:13:00~14:30
場所:宝塚市立手塚治虫記念館

参加費:無料(別途要入館料)
   ・入館料
   大人700(560)円、中高生300(240)円、小学生100(80)円
   ※()内は10人以上の団体料金
手塚治虫記念館公式サイト
———-

関連記事

  1. ナポリ出身の陽気なオーナーとの会話が弾むイタリアンバル

  2. ぶらり宝塚2018年振り返りアスセスランキング10「総合篇」

  3. grandfoodhall

    【ぶらりおでかけ】芦屋で人気のGRAND FOOD HALL チョイスDELIを利用してみました

  4. 宝塚な写真たち 阪急電車 駅の中の物語。

  5. PR

  6. 武庫川のグリーン。ここはどこかわかりますか?

  7. 参加費無料『宝塚市民大運動会』宝塚市立スポーツセンター多目的グラウンド

  8. 【PayPay導入説明会】12/20(木)BASE宝塚で説明会が開催される! 17:00〜

  9. あいほん道 iPhoneだけじゃない、Android端末もサービス開始

  10. logo-brali6

    運営者情報・お問い合わせ

  11. 店舗経営者、ネットショップのオーナー向け 無料相談会のお知らせ(at 宝塚)

カテゴリー