Gwenn Ha Du(グウェン・ア・ドゥ)で本場ブルターニュのクレープモーニングを♪

阪急小林駅すぐの踏切を山手に渡って見える青と白のお店が「Gwenn Ha Du(グウェン・ア・ドゥ)」。フランスはブルターニュ地方発祥のガレットとクレープがいただけます。
お店の名前「Gwenn Ha Du(グウェン・ア・ドゥ)」は、白と黒の意味。そして店頭で風に揺れているこの白と黒の旗はブルターニュ地方の旗なんですって。

IMG_20180926_103408

朝のメニューはクレープモーニング。
焼きたてクレープ2枚とバター、ジャム、蜂蜜、そして飲み物で500円(税別)。
18-09-26-20-03-34-113_deco

お願いしてクレープを焼いているところを撮影させていただきました。
18-09-26-19-51-13-712_deco
250℃の高温で素早く焼き上げます。当たり前ですが、とても手際が良かったです。

ランチはガレットの定番”コンプレット(ハム・卵・チーズ)”と月替わりがあるそうです。
コンプレットとは、この組み合わせが完璧という意味のガレットの代表格。魅力的です。
次は、お昼に訪れてコンプレットを食べてみたいと思いました。
IMG_20180926_100026

「Gwenn Ha Du(グウェン・ア・ドゥ)」特製の焼き菓子もありましたよ。
ひとつから購入でき、ギフト用等に箱にも詰めていただけます。
IMG_20180926_100228

お店の中はこんな感じ。
IMG_20180926_100327
IMG_20180926_100212

看板やロゴもおしゃれです。
IMG_20180926_100034
IMG_20180926_103533

ガレットとクレープを焼いているのは、本場ブルターニュ出身のクレーピエ(クレープ職人)のエリック オリビエさん。流暢に日本語も話されます。この日は不在でしたが奥様の眞理さんとお二人で営んでられます。
IMG_20180926_1029502

お店の外に出てみると、土日限定ディナーメニューの看板もありました。
フランス家庭料理にラクレット、冷えたワインにベルギービール…宝塚で味わえるなんて嬉しいですね。
IMG_20180926_100046

——————————
店名:Gwenn Ha Du(グウェン・ア・ドゥ)
住所:兵庫県宝塚市千種1丁目12-11
営業時間:月曜日~木曜日 9:30~18:30
     金曜日・土曜日 9:30~21:30 
定休日:日祝日
電話:0797-73-5511
http://gwennhadu.jp

——————————
記事/写真:HAKU(braliボランティアライター)

関連記事

  1. kona

    無添加食パン KONA TKZ でイートイン利用。レーズン・クルミの入った新作「空|SORA」は買えず。

  2. zukekura1

    【新店オープン】和と洋のハイブリッドカフェ zukekura DELI&CAFE 2月中旬オープン

  3. 宝塚ホテルラウンジ「ルネサンス」で、可愛いが詰まったアフタヌーンティーをいただく

  4. 花カフェFLOWA「宝塚スイーツコラボ」11月1日(木)から始まる!

  5. HIRO珈琲でランチその2 グラハムサンドウィッチとドリンクセット

  6. 「ル・クロのプチクロ」40円 ル・クロワッサンでイートイン。