8代目「生」の祈り 2018年1月16日

2018年1月17日に1995年に起こった阪神淡路大震災から23年目を迎えます。

これに先立って宝塚大橋南詰にある石積み「生」のライトアップに参加してきました。

IMG_5356

IMG_4962

今回の「生」は初代から数えて8代目になります。

IMG_5363

私自身、7代目から石積みに参加し、その時に取材を受けた報道関係の方とも半年ぶりに再会することもできました。まさに人、命をつないでいくことの意味について考えるこの「生」の祈り ライトアップのおかけで人の繋がりを感じました。

阪神大震災以降も大きな地震や災害が各地で起こっています。
「生」のモニュメント前でろうそくに灯された多くの方それぞれの「生」への思いを見ることによって、普段何事もなく過ごしている日常がとても大切なこと、その日常での人や地域とのつながりの大切さを思い直されるとても大事な時間になりました。

IMG_5360

「生」の石積みは、映画「阪急電車」に使われるなど、今や宝塚の名所、シンボルとなっていますが、震災と同じ自然が生み出す大雨によって何度も流されてきました。
それでも、想いをもった人たちにより8代も再生していることが、震災を知らない若い世代へも伝えてくこと、命の大切さを伝えていくこと、としての大切なメッセージなのではないでしょうか。

関連記事:
2018年1月14日 1/16命・防災の大切さを伝えたい「宝塚『生』の祈り
2017年12月10日 【12/9,10】宝塚から全国へ!「生」8代目石積イベント

関連記事

  1. 【3/11(日)】親子で舞台を体験できるフェスティバル「びっくり箱Part.8」(阪急・JR宝塚駅)

  2. 1995117shisan200116

    1月17日「阪神・淡路大震災25年追悼行事」

  3. 【ぶらりおでかけ】阪急三番街で「宝塚大劇場」レゴ! タカラジェンヌのシャンシャンも!

  4. 【ぶらり宝さがし】vol.3 関口そら&そらえもん

  5. 夜のことば ④ 升田学とセレノグラフィカの新しい試み

  6. インド舞踊ソロ公演 油谷百美 Odissi(オリッシィ)10月18日(水) ​

  7. ぶらり読者限定 3,000円割引 60歳以上の方限定の出張撮影!60歳からのポートレイト(MIKI UEHATA うえはた みき)

  8. 大雨警報 災害に注意!

  9. 【コラム.7】「そらえもんズ」関口そら①

  10. 宝塚市立文化芸術センター 気になる館内と展覧会

  11. 1/16命・防災の大切さを伝えたい「宝塚『生』の祈り2018~阪神・淡路大震災追悼ライトアップ~」参加費無料

  12. hatsude

    『宝塚市消防出初式』1月12日(日) 宝塚西谷地区 子どもが楽しめる催しも有り。

  13. 【コラム.12】「そらえもんズ」関口そら②

  14. bali-arina

    【ぶらりおでかけ】バリフェスティバルにでかけよう!ジャガード織作品が凄い。(阪急苦楽園口)

  15. 【コラム.10】「私と絵を繋ぐモノ」 イラストレータ久松ひろこ①

カテゴリー