わぁ~っの声と笑顔に包まれる憧れのおひるごはん。”大人だって!お子さまランチ”

存在を知ってから、ぜひとも味わいたいと思っていた「タミカフェ」の”大人だって!お子さまランチ”を味わうことができました。「タミカフェ」のおひるごはんは週替わり。前回うかがった時にいつぐらいに登場するか聞いていたので、SNSをチェックして予約を入れて準備万端。
IMG_20190327_105458
IMG_20190327_105543

”お子さまランチ”、子どもの頃、百貨店の上の階にある食堂で家族一緒に食べたことを思い出します。(歳がバレますね…)親になって我が子に注文しても、年齢制限があったして大人は注文できないことがよくあります。食べられないとなると食べたくなる…そんな夢をかなえてくれるのが「タミカフェ」の”大人だって!お子さまランチ”。憧れの”お子さまランチ”に、わくわくテンションが上がります。

運ばれてきたら、思わず”わぁ~”って声が出ちゃいます。隣のお客様も同じく”わぁ~”と声をあげられていました。
IMG_20190327_110528
”お子さまランチ”の定番の旗が立っているトロトロ半熟卵のオムライス、デミグラスソースのハンバーグ、プリプリのエビフライには手づくりタルタルソース、たっぷりお野菜(人参、スナップエンドウ、カボチャ、レタス)が添えられたワンプレートに、コンソメスープもついていました。

別角度から。
IMG_20190327_110759_2

お話をうかがうと、真っ赤なウインナーソーセージで作ったたこさんウインナーはどうかな?ケチャップ味のスパゲッティを添えたら炭水化物が多くなりすぎ?などなど悩まれたそうです。
筆者は、こんなに大きくていいのと思うくらいのボリュームのあるハンバーグに大好きなエビフライ、自分では作れないとろとろ半熟たまごのオムライスに大満足でした。

この”大人だって!お子さまランチ”は、不定期で登場するとのことなので、ぜひとも食べたい、食べ逃してしまったという方は、インスタやFacebookをチェックしておくといいですね。

「タミカフェ」は3月23日にオープンして4年を迎えられました。周年記念のドリップパック珈琲をいただきました~。ありがとうございました。
IMG_20190327_130857_2

名刺の裏も素敵。
IMG_20190327_130940_2

 

———————–
店名:tami cafe(タミカフェ)
住所:兵庫県宝塚市売布3丁目14-14 ドエル・イニシオ宝塚売布
営業時間:9:00~16:30
定休日:金曜日
電話番号:090-1916-2324
駐車場:1台

インスタグラム:https://www.instagram.com/explore/tags/タミカフェ/
Facebook:https://www.facebook.com/pages/category/Cafe/tami-Cafe-982038351825756/

————————
記事/写真:HAKU(braliボランティアライター)

関連記事

  1. 移転オープンした 信州そば処「そじ坊」で冬限定けんちん汁そば定食で温ろう。

  2. 9/22金、9/23土「CICCIOのお肉祭り」エントリーでスパークリングワインが貰える!

  3. muguet

    古民家カフェ『ミュゲ』Gallery+Cafe muguet

  4. イルグラッチェでイタリン!写真を集めてみた。

  5. tkzkita

    新名神高速道路「宝塚北サービスエリア」宝塚土産がここに集結。ベーカリー「森のパン」もご紹介

  6. 暑い日には涼しく寿司ランチを頂く「すし処大政屋」

  7. PUBLIC KITCHEN cafe 6/15オープン!有機野菜を使った「おぼんごはん」を食べよう! 手塚治虫記念館〜宝塚大橋

  8. 平日15食限定!ワンコインで千屋牛(ちやぎゅう)のランチが味わえる。

  9. 大阪ほんわかテレビで間寛平さんお薦め、天麩羅家「悠」で天丼セットを頂く。

  10. 天丼・天ぷらで評判だった「にんじん」、アピアさかせがわで移転オープンしていた⁉

  11. クリスマスケーキの予約始まっていた【kazu】イルミネーションが素敵!

  12. 宝塚ホテル内 「風雅」華麗な手さばきで仕上げる鉄板焼を堪能!

  13. 「はなれのくるり」店員さんの気配りが嬉しい。リピートはここから生まれる(宝塚南口)

  14. 夏はやっぱり「まい華」の冷やしシリーズ。切り文字Tシャツ販売がはじまっていた。

  15. 自分を大切にするごはんがコンセプト、町の台所「台所アル」~イベント〝服であそぶ!”開催中~

カテゴリー