NHK朝ドラ『わろてんか』のあの人は“小林一三”がモチーフ?!

現在NHKで放送中の朝の連続テレビ小説「わろてんか」。日頃は馴染みがなくても年末年始に総集編で観た!という人もいるのではないでしょうか。
ヒロイン”てん”は吉本興業創業者の吉本せいをモチーフにされている。”てん”が”笑い”をビジネスにした日本初の女性といわれるまでになる物語。彼女をとりまく個性豊かな登場人物の中で、目を惹くのが俳優高橋一生扮する”伊能栞”。
彼のモチーフは、今の宝塚に多大な影響を与えた”小林一三”ではないかと話題になっています。”伊能栞”が映画会社「伊能活動写真」を興して、映画界に参入していく様子は、阪急電鉄、宝塚歌劇団、阪急百貨店、東宝などの阪急阪神東宝グループの創業者である”小林一三”の姿と重なります。今後どのように描かれていくのか、2人の実業家の姿を重ね合わせながら楽しめそうです。(ドラマとして再構成されておりフィクションです。)    

そして、先日1月3日は”小林一三”誕生日でした(1873年・明治6年)。”一三”という名前は誕生日に因んだ命名だったのですね。多方面で活躍し、1957年(昭和32年)享年84歳で生涯を終えました。昨年2017年は没後60周年。今年2018年は生誕145周年にあたります。

1月10日(水)からは、小林一三没後60周年記念事業の一環で、阪急うめだギャラリー(阪急うめだ本店9階)では「小林一三ワールドⅡ」が開催される(入場無料)。





(画像は、「小林一三没後60周年特別記念サイト」より)

『小林一三ワールドⅡ』(入場無料)

2018年1月10日(水)~15日(月)阪急うめだギャラリー(阪急うめだ本店9階)

日~木午前10時~午後8時 金・土午前10時~午後9時(催し最終日は午後6時閉場)

彼と関わり深い100人との写真エピソードを交えながら、ゆかりの手紙や美術品が展示される。100人の中には、吉田茂、松下幸之助、越路吹雪、与謝野晶子、村岡花子、北大路魯山人など多岐のジャンルからなり、幅広い交流を通じて小林一三の世界が楽しめそうです。   
詳しくは、

小林一三没後60周年 記念特設サイト→http://kobayashi-ichizo.com/60th/other/

連続テレビ小説「わろてんか」公式サイト→https://www.nhk.or.jp/warotenka/

関連記事

  1. MBS”ちちんぷいぷい”で「宝塚東高校」が紹介されました!

  2. 【宝塚が舞台の本】モデルはあのイタリア料理店「風よ 僕らに海の歌(増山実著)」

  3. matsumoto

    <国登録有形文化財>旧松本邸 2019秋の一般公開(入場無料) 10/24(木)-10/27 (日)まで

  4. 宝塚西谷は十日えびす縁起物発祥の地だった!

  5. 6/18放送予定「ぶらり宝塚」ラジオデビュー!@FM宝塚

  6. obayashi

    <国登録有形文化財>『小林聖心女子学院施設見学会』参加申込は11月11日まで

  7. 6月30日(土)「夏越の大祓式」 伊和志津神社(阪急逆瀬川駅)

  8. 5/14(月)~20(日)一般公開「旧松本邸(国登録有形文化財)」入場無料(JR・阪急宝塚駅)

  9. 6/30(土) 「水無月大祓式」 伊和志津神社(阪急逆瀬川駅)

  10. 夏休み企画 親子でで積もう「生」の石積み 8/3(土),8/4(日)

  11. ごぶごぶ7/3放送 宝塚巡りで紹介される「菅屋」へ行ってみた

  12. 【ぶらりおでかけ】尼崎城!150年ぶりに築城された平成の最後の城。2019年3月29日オープン!

  13. 来春2020年オープン予定の宝塚ホテル。概ね建物の外観が出来てきた。

  14. 関西テレビ「よーいドン!」宝塚 中山寺特集 民謡歌手「翔田ひかり」さんが凄い!

  15. 【交通規制あり】4/14(土)花のみちで迫力満点「第5回だんじりパレード」(阪急・JR宝塚駅)

カテゴリー