エキマルシェ宝塚 デリカフェ・キッチン宝塚で「サービスとは?」を考える

JR宝塚駅改札正面にあるエキマルシェ宝塚の店舗の一番の奥にベーカリーカフェがある。店舗名は、デリカフェ・キッチン宝塚。
EKIMARU

先日、ここのカフェで作業していると、女子高生だろう女の子が「ガシャン!」と頼んだばかりのジュースをこぼしてしまった。自分の服にもかかってしまったらしく、バツの悪い表情。他のお客さんにかからなかったか周りを少しみて、グラスを拾い、溢れたジュースの床を掃除しようとしたところ、店員の方が駆け寄ってきて、タオルをもって「大丈夫ですか?」と女の子に手渡した。

「床はこちらで掃除しておくので、お座り下さい」と話しているようだった。女子高生は、座って自分の服を拭きながら、飲むはずだった飲み物がなくなり、途方に暮れている時、店員の方が同じジュースを持って来てくれた。その瞬間、女子高生は諦めて強張っていた暗い表情が、一変して柔らかく明るくなった。

こういうシーンは、よく見かける。同じ様に、お客さんの途方に暮れている気持ちを汲み取る対応が出来るお店を見ると嬉しい気分になる。サービスとは、お客様がその場所で、どう過ごすのかが重要であって、ジュースを購入してもらう、あるいは、何かを食べてもらう事がメインではない。こという事を認識できている事があるべき姿なのだろう。改めて「サービスとは何か?」を思い出す瞬間だった。

そんなデリカフェ・キッチン宝塚のご紹介ー。
購入したパンをテイクアウトするか、イートインスペースで食べる形態。軽食メニューも有り。
G_IMG_1330

コスパ№1 タマゴドーナツ
M_IMG_7552

バカ売れにつき増産中 はちみつバターパン
M_IMG_5485

バカ売れにつき増産中 エッグ・コーンマフィン
M_IMG_4126
J_IMG_5131 2

作業している時に注文したパンケーキセット。生クリームが巨大。
P_IMG_1131
P_IMG_5125

—————–
店名:デリカフェ・キッチン宝塚
住所:〒665-0845 宝塚市栄町2丁目7番13号 JR宝塚駅舎内
営業時間:7:00~22:00
定休日:不定休
駐車場:無し(近隣コインパーク有り) 
電話:0797-84-8610
オフィシャルサイト:http://www.jwfsn.com/business/cafe/delicafe/


———-
記事/写真:Yoshifumi Tsujimoto (brali管理者)

関連記事

  1. 「やっぱり美味しい!」 HIROのコーヒーとパンで朝から満たされる

  2. あいあいパーク 英国風の建物と公園が目印

  3. bigot

    ビゴの店(仁川)が復活!リニューアル工事中!

  4. 【アズナス逆瀬川店】すいかミックススムージー。パッケージがなかなかに魅力的!

  5. honokacheese

    【ぶらりおでかけ】北海道ちーずの専門店が船坂にオープン。ここの牛乳はこれまで味わった事のない驚きの味!

  6. ルマン花のみちセルカ店

    サンドイッチが美味しい!行列ができるお店「ルマン」

  7. 常に進化する「宝塚料理店」のテイクアウトメニュー。低糖質メニューも販売中!

  8. 9/1オープン PENTAGON TEA 宇治抹茶系タピオカドリンク+!

  9. ノアノア外観

    レトロな喫茶店「珈琲専科ノアノア」でホッと一息してみませんか?(アピア逆瀬川)

  10. さっぱりふわシャキのたこ焼き「粉fio」 阪急逆瀬川駅 アピア3 入り口すぐの屋台

  11. いよいよ明日10/10(木)オープン!高級食パン専門店 銀座「に志かわ」ソリオ宝塚。

  12. 「神戸餃子楼」 冷凍生餃子無人直売所 で購入してみた!(宝塚安倉店)

  13. 「JEAN-PAUL BIGOT 仁川店」ではじめての購入 2階はカフェスペース

  14. マサラダドーナツのお店

    【ぶらりおでかけ】”カリッふわっもちっ” 揚げたてのマラサダにかじりつく幸せ「マラサダドーナツのお店」

  15. カシェット外観

    隠れ家カフェ「アンティークカフェ・カシェット」で優雅なひと時を

カテゴリー